ブログトップ | ログイン

三宅和彦/ミヤケ設計事務所

km000379.exblog.jp

大家族で住む

a0207338_10035705.jpg

若夫婦と子、ご両親と祖父母の計7人のための住宅で、複雑な要素を単純なプランと形態にまとめています。上階が若夫婦世帯、下階が両親と祖父母のスペースとなっていて、玄関と接客スペースのみ共用。開放性、連続性をもたせることにより、それぞれのスペースに居ながら全体を意識できるよう意図しています。外部は伝統的な素材をイメージするメンテナンスのしやすい材料を使用。敷地は日本のよき里山の風景を残す地区にあり、この住宅も時間 の経過とともに風景に溶け込んでいくことを期待しています。

http://www.taterukurabu.jp/tokusyu


# by kazuhiko_miyake | 2017-12-15 10:45 | 建築と手法

Isi-House

a0207338_20435423.jpg
20m×15mのL字型プランに一枚で繋がる大屋根の家。屋根なりの勾配天井はシンプルな架構の登り梁、屋根野地板が表しになっていて中央にあるリビングは天井が高く、水廻りの上部はロフトスペースとして利用しています。大きい開口部は冬季、積極的に太陽の熱を室内に取り入れ、太陽高度の高い夏は軒や庇で日射を遮ります。構造材、仕上材共、地域材の杉を使用する長期優良住宅で国交省の地域型住宅グリーン化事業の対象となる木造平屋住宅です。



# by kazuhiko_miyake | 2017-10-10 22:48 | プロジェクト

住宅展(岡山)

イベントチラシイメージ
未来をのぞく住宅展に参加します。
県内,関西,中国地方の10組の建築家が参加します。
パネルや模型等で作品を紹介、
建築に関するご質問、ご相談も受け付けています。
ご興味のある方はどうぞご覧になってください。

・日時 10月14日(土)11:00~17:00
    10月15日(日)10:00~17:00
・会場 CONVEX岡山

http://event.asj-net.com/public/event/data/10553
# by kazuhiko_miyake | 2017-10-01 17:50 | 住宅・建築展

گیراج کے منفرد ڈیزائن جو آپ کو حیرت میں ڈال دیں گے

a0207338_11211859.jpg

homify マガジン(パキスタン)でHt-Houseが紹介されています。

گھر بنواتے وقت اس کے داخلی حصے اور خاص کر گیراج کو نظر انداز نہ کریں اور نہ ہی اسے ایک کمرے کی طرح بنا کر سٹور کی طرح استعمال ہونے کے لیے چھوڑ دیں۔ اس جگہ پر کچھ محنت کی جانی چاہیے کیوں کہ یہ اس کا حق ہے اور یہ آپ کے گھر کی خوبصورتی پر اثر انداز ہوتا ہے۔

چلیے گیراج کے کچھ نئے ڈیزائن دیکھتے ہیں جو آپ کو اپنے گھر کے لیے کچھ بہتر چننے میں مددگار ثابت ہوں گے۔




# by kazuhiko_miyake | 2017-09-18 21:12 | その他

Futa-House 完成見学会

a0207338_13084799.jpg

岡山市内の住宅密集地にお住まいだったご夫婦が、定年後を見据えて環境に恵まれた、空気のきれいなこの地に、熟練の大工による手刻み、土壁の伝統工法のロフト付平屋を新築しました。内装、外装、構造体とも自然素材にこだわり、焼杉板と漆喰の外観は、周りの緑にしっとりと馴染んでいます。室内は1階とロフトを吹抜けでつなぐ一体空間。昔の家のおくどさんを再現した土間から続く台所や、1台で家中を暖めてくれる薪ストーブ。パントリーやシューズクローク、ウォークスルーのクローゼットなど収納と使い勝手にもこだわりました。ご夫婦のこれからの暮らしを暖かく見守る、こだわりの一邸をぜひご覧ください。

・日時 9月17日(土)・18日(日)10:00~17:00
・場所 岡山市北区建部町
・用途 専用住宅
・構造 木造2階建

見学をご希望の方は下記までお問い合わせ下さい
建築家と作る木の家  086-273-6969
# by kazuhiko_miyake | 2017-09-11 08:26 | 見学会・イベント

How charmingly stylish is

a0207338_16252353.jpg
Be honest: how many times has it happened that guests visiting your home have asked to look at your garage? Maybe to glance at your choice of vehicles, sure, but definitely not to gather style tips – for those, they usually check out your interior design skills flaunted in other indoor spaces, like living rooms, kitchens and dining rooms.

But that doesn’t mean that your garage should be a cold, dark and neglected space – after all, it’s where you keep some of your most prized, four-wheel possessions!

So, with that in mind, let’s take a look at some garages that definitely know how to bring the style…

https://www.homify.co.za/ideabooks/3893567

https://www.homify.jp/ideabooks/2579819


# by kazuhiko_miyake | 2017-08-25 17:04 | その他

外構とエクステリア

a0207338_14541888.jpg
homify マガジンでHat-Houseが紹介されています。

外構も家の室内のようにこだわって、使いやすさや防犯性を高めながら、外からの見た目としても素敵な印象の住まいにしたいと思われる方も多いと思います。しかし、エクステリアはインテリアと比べてなかなかイメージが難しかったり、どういったことに意識や注意をすればいいのか分からないといった悩みも多いようです。そこで今回は、外構について是非押さえておきたいポイントをまとめて紹介していきたいと思います。

https://www.homify.jp/ideabooks/2665986

https://www.homify.com.mx/libros_de_ideas/417673

# by kazuhiko_miyake | 2017-05-13 06:11 | その他

Mo-House完成見学会

a0207338_22241293.jpg


大工さんが県産材の材木を手刻みし、左官屋さんが土壁を塗り込めました。シンプルな切妻屋根として、屋根勾配を吹抜に活かし、一部はロフトとしています。個室はなるべく仕切らず空間の繋がりを大事にし、夏は風が通るよう、冬は薪ストーブで全ての部屋が暖まるように設計しました。伝統工法の家でありながら、コストも抑えています。この機会にぜひご覧ください。

・日時 4月22日(土)・23日(日)10:00~17:00
・場所 高梁市有漢町
・用途 専用住宅


# by kazuhiko_miyake | 2017-04-17 22:28

Fu-House

a0207338_14293444.jpg
1991年竣工のS社住宅展示場(香川県高松市)
全体的にゆとりのある空間を持たせ、快適性と豪華さを追求しています。玄関で簡単に接客できるトークピット、2階のファミリーリビング等、新しい提案をしています。仕上材、造作材、建具等にシステム化された部材を使用することにより、施工性と完成度を高めています。

面積  1階床面積:158.60㎡(47.97坪)
    2階床面積: 80.78㎡(24.43坪)
    延床面積 :239.38㎡(72.41坪)
仕上  屋根:フルセラム葺
    外壁:タイル張、モルタル下地ボンタイル吹付
    天井 壁:クロス貼
    床:合板フロア

# by kazuhiko_miyake | 2017-03-30 20:14 | プロジェクト

餅投げ

a0207338_19281622.jpg
ほとんどすたれてしまった感のある餅投げですが、私が小さいころはよく見かけていたものです。最近は地鎮祭はしても上棟式さえしないケースがほとんどです。そういえば20年前,私の家でも餅投げをしました。餅投げは家が無事に建ったことをお祝いする風習で近隣の方によろしくお願い致します、というあいさつの意味があります。大勢の方にきてもらったら嬉しいものです。もし、余裕があって餅投げをされたら貴重な体験になると思います。

# by kazuhiko_miyake | 2017-02-28 20:35 | 建築と手法