ブログトップ | ログイン

三宅和彦/ミヤケ設計事務所

km000379.exblog.jp

Wa-こども園

a0207338_12214855.jpg
幼稚園と保育園の双方の機能を有する認定こども園。木造らしい園舎とするため大断面のシンプルな架構とし、勾配天井に登り梁が連続するインテリアとなっています。棟違い部分いがハイサイドライト(排煙窓)になっていて保育室の中央に光を落とすと同時に風通しにも配慮している。また健康的に過ごせるよう無垢の床板、漆喰塗りの壁、杉板の天井(=屋根板)等自然素材を多用している。厚板の使用や防火塗料を塗ることで規制をクリアしています。



                 三宅和彦/ミヤケ設計事務所

# by kazuhiko_miyake | 2019-02-19 19:05 | プロジェクト

Ma-House

a0207338_20295194.jpg

子供さんがすでに独立されたご夫婦おふたりのための家。木造平屋建てで床面積は24坪、LDKを中心とした機能的で使いやすいプランとなっていてタタミ敷のスペースと合わせると27帖の広さがある。4寸角のタルキで支えられる勾配天井は中央で4.5Mの高さがあり、比較的コンパクトな家ですが内部は開放的で十分な広さが感じられる家です。認定低炭素住宅、長期優良住宅仕様の内容となっていて国交省の地域型住宅グリーン化事業の対象となる住宅です。



                 三宅和彦/ミヤケ設計事務所

# by kazuhiko_miyake | 2019-01-30 06:10 | プロジェクト

(家相)と<家相>

a0207338_11595052.jpg

本来、家相とは周囲に印象を与える外観やファサードのことだと思います。その土地や街並みに溶込み、好感を与える家は(家相)のよい家であり、違和感や不自然さを感じるような家は(家相)がよくない家だと言えます、人相の顔つきや容姿と同じように。私が見てきた経験でいえば<家相>にこだわった家ほど(家相)のよくない家になっている傾向があります。それぞれの土地のもつ固有の特性より画一的な<家相>を優先すれば不自然なものになりやすいからです。気候風土の違う外国から入ってきた考え方であり、日本で広まったとされる江戸時代と現代では住環境、インフラ、家の作りが全く異なります。幸せになるための家づくりで囚われて不幸につながるような<家相>であれば気にする必要はありません。大切なのは使い勝手がよく、快適に過ごせる家をつくることに尽きます。

# by kazuhiko_miyake | 2019-01-01 22:32 | 建築と手法

Ad-House

a0207338_17054895.jpg
すでに子供さんが独立されたご夫婦のための家。屋根なりの勾配天井はシンプルな架構の登り梁、屋根野地板が表しになっていて中央にあるリビングは天井が高く、水廻りの上部はロフトスペースとして利用しています。大きい開口部は冬季、積極的に太陽の熱を室内に取り入れ、太陽高度の高い夏は軒や庇で日射を遮ります。構造材、仕上材共、地域材の杉を使用する認定低炭素住宅で国交省の地域型住宅グリーン化事業の対象となる木造平屋住宅です。



# by kazuhiko_miyake | 2018-10-30 15:50 | プロジェクト

ホームページURLを変更しました

三宅和彦/ミヤケ設計事務所のホームページURLを変更しました。


# by kazuhiko_miyake | 2018-10-10 08:31 | その他

住宅展(岡山)

    アーキテクツ・スタジオ・ジャパン (ASJ) の イベント『大建築家展』のちらし
未来をのぞく住宅展に参加します。
県内,関西,中国地方の17組の建築家が参加します。
パネルや模型等で作品を紹介、
建築に関するご質問、ご相談も受け付けています。
ご興味のある方はどうぞご覧になってください。


・日時 10月13日(土)10:00~17:00 (三宅参加)
・日時 10月14日(日)10:00~17:00
・会場 CONVEX岡山


# by kazuhiko_miyake | 2018-09-19 16:31 | 住宅・建築展

Isi-House 完成見学会

a0207338_17211143.jpg
20m×15mのL字型プランに一枚で繋がる大屋根の家。屋根なりの勾配天井はシンプルな架構の登り梁、屋根野地板が表しになっていて中央にあるリビングは天井が高く、水廻りの上部はロフトスペースとして利用しています。大きい開口部は冬季、積極的に太陽の熱を室内に取り入れ、太陽高度の高い夏は軒や庇で日射を遮ります。構造材、仕上材共、地域材の杉を使用する長期優良住宅で国交省の地域型住宅グリーン化事業の対象となる木造平屋住宅です。


・日時 8月11日(土)・12日(日)10:00~17:00
・場所 岡山市中区桑野379の隣地

・用途 専用住宅
・構造 木造平屋建
・面積 住宅部分122.5㎡(37.05坪)
    車庫倉庫部分37.80㎡(11.43坪)
    延床面積160.30㎡(48.49坪)

見学をご希望の方はご自由にご参加下さい。
三宅和彦/ミヤケ設計事務所  090-5698-8035


# by kazuhiko_miyake | 2018-07-23 17:27 | 見学会・イベント

大家族で仲良く快適に暮らせる多世代住宅

a0207338_09165896.jpg

今回ご紹介するのは、4世代計7人の大家族がみんなで楽しく暮らすおおらかな雰囲気の住まいです。自然素材の温もりがあふれる快適な室内や、開放的で一体感のある空間構成で、リラックスした生活が可能となっています。このプロジェクトは岡山県を拠点に活動している三宅和彦/ミヤケ設計事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

https://www.homify.jp/ideabooks/5650884/





# by kazuhiko_miyake | 2018-07-21 09:18 | 建築と手法

自然素材に包まれた明るくて優しい家族の家

a0207338_08152744.jpg

今回ご紹介するのは、天然木をはじめとした自然素材がふんだんに使われ、心地よく暮らせるナチュラルな住まいです。木の優しい風合いがダイレクトに感じられ、そこにいるだけで心も体も健やかになれそうな、快適な雰囲気の住空間が見事に実現しています。自然素材に包まれたナチュラルな住宅での暮らしに憧れている方は、家作りの際に何か参考となるアイディアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは岡山県を拠点に活動している三宅和彦/ミヤケ設計事務所によって手掛けられました。いったいどんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!


https://www.homify.jp/ideabooks/5390175/


# by kazuhiko_miyake | 2018-05-26 08:52 | その他

自然と共存する岡山の家

a0207338_18022694.jpg

houzz 地域特集

「晴れの国・岡山」というキャッチフレーズが示すように、気候がよいことで知られる岡山県。夏場の太陽の日差し対策、心地よい太陽の光の取り入れ方、心地よい日陰のつくり方、太陽エネルギーの利用などを考慮した住居が多く見られます。


# by kazuhiko_miyake | 2018-04-25 21:29 | その他